あなたはどれを選ぶ?希望別おすすめペン字講座

あなたの希望にぴったりのペン字講座をご紹介します。

字がキレイになりたい

ペン字講座3選
DVD付の充実したテキストに、美文字専門家の丁寧なマンツーマン添削。1日15分でみるみるうちに上達できると好評の通信講座です。
公式サイト 詳しく見る

とにかく安く学びたい

手書き文化支援事業が40年近く運営している激安通信講座。毎月1回の添削で綺麗な字がしっかりと身についてきます。
公式サイト 詳しく見る

講師から直接学びたい

一度入会すれば永久会員。定期的に添削教室も実施している講座です。美文字講師の直接指導でしっかりとクセ字を直しましょう。
公式サイト 詳しく見る

ペン字を学ぶメリット

人気俳優のテレビ番組や書籍などがきっかけで美文字ブームが起き、今や「美文字」は流行語にもなっています。
確かに最近はPCやスマートフォンを使う人が激増し、文字といえばキーボードで入力するばかりで実際にペンや鉛筆で字を書く機会は減っていますよね。
けれど、その反動で美しい文字に対する注目があつまっているのです。
世の中には、履歴書、年賀状、冠婚葬祭、手紙など、まだまだ手書き文字が必要なシーンがたくさんあります。
さらにお子さんがいらっしゃる方は、保育園や幼稚園、学校で使う連絡帳や体育着などに汚い文字は書きたくありませんよね。
そういった時のために、大人っぽく美しい文字を学ぼうとペン字講座を受講する方が増えています。
忙しいママさんでも気軽に始められる講座はたくさんあるんですよ。

自分に合ったペン字講座を選ぶポイント

ペン字講座の人気とともに講座数も増え、学習者の希望に沿った講座を選べるようになりました。
しかし、たくさんある講座の中で、どれが自分に合っているものなのかがわからないという方も多いでしょう。
そういう方は、3つのポイントを参考に自分に合う講座を選んでみてください。

1.自分に合ったお手本か?

ペン習字の練習とは、今まで自分で書いていた文字を理想の文字にすることが目標です。
お手本とする字は、今後の自筆となり個性となっていくものなので、ペン字講座を選ぶ時には好みの字体が練習できるということを最優先としましょう。
講座にはペン習字や書道の流れを組む任意団体が関係していることが多いので、流派・書風によりお手本は様々です。
クセの少ない女性らしい文字、学校で習うような読みやすい文字、古典っぽい文字…などなど。
お手本をじっくり見て自分の字にしたいと思うものを選ぶようにしましょう。

2.添削指導が丁寧か?

自分で書いた字を自分で見ても、主観が入ってしまい、他人からの指摘がないと修正するのは難しいものです。
そのため、書いた文字を客観的に指摘・指導してもらえる添削は重要な上達の要素になります。
しかし、添削が返却されるまでの日数が長いと、文字を書いた時の感覚が薄れてしまうので、返却が速い講座を選ぶようにしましょう。

3.長く続けられるような仕組みになっているか?

一般的にペン字講座の受講期間は半年~1年ですが、その期間で完璧な美文字になるのは難しいです。
できれば、講座を修了した後でも同じお手本で練習が継続できる、昇級や昇段制度がある、といった長く続けられるような仕組みがある講座を選ぶようにしましょう。

どうすれば美文字になれるの?

キレイな文字を書くためには、姿勢やペンの持ち方を正すことが大事。
さらに「ひらがな」「カタカナ」「漢字」も、書き方のコツさえ掴めばすぐに上達することができるのです。
そこで、難しいと言われている文字をいくつかピックアップし、写真付きで詳しく解説しました。すぐに始められる簡単な方法なので、ぜひ心がけてみてくださいね。