あなたはどれを選ぶ?希望別おすすめペン字講座

あなたの希望にぴったりのペン字講座をご紹介します。

字がキレイになりたい

●たのまな「新・実用ボールペン字講座」
公式サイト 詳しく見る

とにかく安く学びたい

●パイロット「ペン習字通信講座」
公式サイト 詳しく見る

講師から直接学びたい

●代々木文化学園「文化ペン字講座」
公式サイト 詳しく見る
HOME » 美文字さんが気をつけている字をきれいに書くコツ

美文字さんが気をつけている字をきれいに書くコツ

ペン字上達のために気をつけることは、「姿勢」と「ペンの持ち方」です。字を書く練習をする前に、まずはこの2つの正しい方法をご紹介します。

正しい姿勢

正しい姿勢の画像両肩の力を抜き、リラックスした状態で椅子に腰をかける。そのときに背中が丸まってしまわないように注意。
自分のお腹と机との間、また自分の背中と椅子の背もたれとの間には、こぶしひとつ分(約7センチ)ほど離れて座るのがオススメ。
肘をついてしまうと背中が丸まってしまうので、利き手ではない手は紙やノートに添えておく。

正しいペンの持ち方

ペンの持ち方画像人差し指と中指の先でペンを軽くはさみ、親指を添える。
くすり指と小指は中指に添えるだけでOK。
力を入れすぎないように優しく握る。
ペンを立てすぎるのも、寝かせすぎるのもいけません。
手のひらは丸く、空洞にしておく。
これのスペースが、指を自由に動かす上で重要なポイントなのです。

バランスの良い文字の書き方

正しい姿勢とペンの持ち方を学んだら、早速文字を書いてみましょう!
「ひらがな」「カタカナ」「漢字」を上手に書くコツをまとめてみました。

ひらがな

日本語の文章を書くときに一番使う頻度が高いのがひらがなで、文章全体の70%以上と言われています。
ひらがな48文字を美しく書くことができれば、美文字の文章が書けるというわけなので、字が汚い、美しい字をかけるようになりたいと悩んでいる方は、まず、ひらがなを美しく書けるように練習しましょう。
ひらがなを書くときに意識しなければならない重要なポイントは「左右対向の線」、「上下対向の線」、「結ぶ線」、「左回りの曲線」、「右回りの線」です。

カタカナ

カタカナは単純な形なので、コツさえつかんでしまえば美しく書けるようになります。漢字と同じように「とめ・はね・はらい」に気を付ければ、字がぐっと引き締まります。たった48文字なので、最初のうちにしっかり覚えましょう。
カタカナを書くときに意識しなければならない重要なポイントは「左はらい」、「横線」、「長いはね」、「下のはね」、「線の間隔、角度」です。

漢字

美しく書くためのコツや規則があるので、ポイントを押さえて練習すれば美しい漢字を書くことができるようになります。
漢字により「へん」と「つくり」のバランスや、上・下、左・右のバランスのとり方が違いますが、整え方は数パターンに分類されるので、パターンを覚えてしまえば美しい漢字を書くことができます。