あなたはどれを選ぶ?希望別おすすめペン字講座

あなたの希望にぴったりのペン字講座をご紹介します。

字がキレイになりたい

●たのまな「新・実用ボールペン字講座」
公式サイト 詳しく見る

とにかく安く学びたい

●パイロット「ペン習字通信講座」
公式サイト 詳しく見る

講師から直接学びたい

●代々木文化学園「文化ペン字講座」
公式サイト 詳しく見る
HOME » 美文字さんが気をつけている字をきれいに書くコツ » 漢字

漢字

こちらでは字形を整える、筆順を意識するなど、漢字を書く上で重要なことを写真付きで解説します。

美しい漢字を書くために

カタカナ、ひらがなと同様、漢字も美しく書くためのコツや規則があるので、ポイントを押さえて練習すれば美しい漢字を書くことができるようになります。

バランスよく字形を整える

漢字により「へん」と「つくり」のバランスや、上・下、左・右のバランスのとり方が違いますが、整え方は数パターンに分類されるので、パターンを覚えてしまえば美しい漢字を書くことができます。

左右対称に書くと美しい漢字

漢字の解説画像_中例【
中心線をまっすぐ引き、1~3画目の口は2等分しますが、均等にしないで書きます。

横画の余白をそろえて書くと美しい漢字

漢字の解説画像_車例【
横画の余白を均等にきれいに並べて書きます。

縦画の余白をそろえて書くと美しい漢字

漢字の解説画像_川例【
3つの縦画は始筆の場所が異なりますが、余白は均等に取って書きます。

斜画の余白をそろえて書くと美しい漢字

漢字の解説画像_形例【
さんづくりを少し大きめにして放射状に払い、余白をそろえて書きます。

へんを小さく、つくりを大きく書くと美しい漢字

漢字の解説画像_味例【
口へんを小さく中心より少し上に、つくりの未は大きく書きます。

へんを大きく、つくりを小さく書くと美しい漢字

漢字の解説画像_和例【
禾へんは縦長に大きく、口は小さく書きます。

へんとつくりの大きさを同じに書くと美しい

漢字の解説画像_願例【
原と頁を同じ大きさで書きます。

へんによりつくりを下げて書くと美しい漢字

漢字の解説画像_町例【
田を縦長にせず、丁は田を包み込むイメージで下に書きます。

左側を小さく、右側を大きく書くと美しい漢字

漢字の解説画像_体例【
にんべんを左側1/3に置き、にんべんの1画目を大きめに書きます。

左側を大きく、右側を小さく書くと美しい漢字

漢字の解説画像_利例【
りっとうを右側1/3に置き、1画目をできるだけ横に倒して2画目の左側を長めに。

上部分と下部分をだいたい同等に書くと美しい漢字

漢字の解説画像_男例【
上下同じくらいの大きさにし、田と力の間隔を田内の余白と同じ間隔で書きます。

上部分を小さく、下部分を大きく書くと美しい漢字

漢字の解説画像_参例【
ムを上部1/3の大きさにし、下の部分やや大きめに書きます。

上部分を大きく、下部分を小さく書くと美しい漢字

漢字の解説画像_黒例【
れっかを下1/4位にして、里よりもはみ出して書きます。

縦3分割で書くと美しい漢字

漢字の解説画像_衛例【
右の部分を少し下に書くとかっこいい字になります。

横3分割で書くと美しい漢字

漢字の解説画像_草例【
日を横広に、十は横画を長めに書くとバランス良くなります。

右上がりに書くと美しい漢字

漢字の解説画像_大例【
2画目の左はらいがシャープに見え、3画目の右はらいに開放感がでます。

漢字はいつ頃からあるのでしょう?

漢字は紀元前3世紀頃に支那の国(現在の中国)から日本に伝わり、本格的に使われ始めたのは4世紀末頃と言われています。
カタカナは平安時代に漢文を訓読するために漢字の一部を取り出して作られ、ひらがな〈平仮名)は日本語の音を表記するために作られた万葉仮名を崩して書きやすくするために、漢字の一部を元にして作られました。
日本では漢字、カタカナ、ひらがなを組み合わせることで独自の表現方法が生まれ、字の美しさも重要視されてきました。